くまおのマンガ紹介(特攻の拓)

こんにちは!くまおですʕ•ᴥ•ʔ

 
 
今回のブログは、
「くまおのゆる~いマンガ紹介」
その栄えある第1回で
紹介したいタイトルは…!?
 
疾風伝説 特攻の拓
13629.jpg
 
\パン/ヨッシャwwwキタァァァァァァァアアアアアwwwwwww(高い声で)ウワヤッタァァァァァァアアア
 
 
 
 
 
タイトルにもございますが、
くまおが個人的に
ご紹介したいだけです!
 
 
 
 
パチンコやスロットで
登場するわけではありません。
 
 
 
完全な趣味枠です。
空いた時間に
ちょこちょこ書いて
仕上げましたw
 
 
 
 
 
思い出補正な部分も
ありますが、
クッソ面白いです!
 

 
 
まずは概要から…!(Wikipediaより抜粋)
 
116-1.jpg
 
【概要】
疾風伝説 特攻の拓。
(かぜでんせつ ぶっこみのたく)
原作は佐木飛郎斗、作画は所十三。
1991~1997年にて
週刊少年マガジンにて連載。
単行本は全27巻。
 
 
 
ジャンルはヤンキー漫画。
くまおが選ぶヤンキー漫画
ランキング第1位です!
 
 
 
ちなみに、
2位:ろくでなしブルース
3位:湘南純愛組
4位:ウダウダやってるヒマはねェ!
5位:クローズ
 
 
 
【ストーリー】
ごくごく普通の高校生活を
送っていた主人公「浅川拓」。
 
私立青蘭高校、通称「乱校」に
転校した事がきっかけで、
様々な人物と出会い
成長していくヤンキー漫画。
 

 
くまおがこのマンガを推す
ポイントは理由は…。
 
 
「圧倒的なキャラの魅力」
ですね!
 
 
 
見た目、セリフ、
キャラ同士のやりとりなど、
みんなインパクトがあって
一度読んだら忘れません!
 
 
 
 
例えば…
 
20131229194223.jpg
 
このマンガで一番有名な
セリフではないでしょうか?
 
 
 
夜叉神の第19代総長である鰐淵が、
間接的に起きた交通事故に
巻き込まれた武丸(魍魎の統領)に
対して放ったセリフ。
(本人は車で立ち去った為、
武丸だとは知らないw)
 
 
不運と書いて「ハードラック」
踊っちまったんだよと書いて
「ダンスっちまったんだよ」
 
………さすが鰐淵さん。
 
 
 
 
 
 
鮎川真里のセリフ、
 
578cfa05e6a3d2e66dca5cef22c38134.jpg
「スピードの向こう側」
 
 
 
もう何というか、
厨二病の塊ですよね。
 
 
 
意味はそのままで、
限界まで出したスピードの
さらに先に見える「何か」。
 
 
 
よく中学生の頃に、
川の堤防で自転車を
必死に漕いで
「今スピードの向こう側見えた!」
とか言ってましたw
 
 
 
「幻の6速」も同じく
めっちゃ大好きですw
 
 
他にも…
読者の好き嫌いが
別れやすいランキング
第1位の天羽時貞
 
23.jpg
 
 
 
 
 
音速四天王の一人、
那森須王
 
ERVu3fdVAAEvIv0.jpg
 
 
 
初代極悪長の頭、
来栖奈緒巳
 
beb77d62ffce7fc35875b2f5ea65bdbf.png
 
 
 
他にもめっちゃ魅力ある
キャラ拓さんいるんですけで、
またどこかのブログで
じっくり紹介しますw
(次回があれば)
 

 
また、そんな彼らが所属する
族の多さや特徴も
魅力の一つです。
 
 
Dp_kJvsU0AAkkxQ.jpg
 
横浜
・爆音小僧(ばくおんこぞう)
・朧童幽霊(ろーどすぺくたー)
・魍魎(もうりょう)
・夜叉神(やしゃがみ)
・獏羅天(ばくらてん)
 
横須賀
・外道(げどう)
・九尾の猫(きゃっつ)
・麓沙亜鵺(ろくさーぬ)
・美麗(びれい)
 
湘南
・阿修羅王(あしゅらおう)
・邪神(じゃしん)
・妖艶童子(せくしー)
・極悪蝶(ごくあくちょう)
・蠅王(ヴェルゼブブ)
 
 
 
基本的にはどこのチームも
超絶仲悪いですw
 
 
 
ちなみに、ストーリーのメインは
拓が所属する「爆音小僧」を
中心に描かれてます。
 
7ab362a5-b41d-46ce-aa31-56e7b7bb193e.jpg
もちろん、爆音小僧以外の
チームやキャラの描写も
多数あって、
それぞれの心情や
ストーリーが描かれてます。
 
 
 
 
読んだ事ない方はモチロン、
過去に読んだ事ある人も
久しぶりに読み返してみては
いかがでしょうか?
51mh.jpg
ちなみに、
キャッスル東郷店の
マンガコーナーに
全巻ありますw
 
 
 
 
東郷店で働いてる時に
みなさんに読んで欲しくて、
取り寄せちゃいましたw
 
 
 
 
またどこかのタイミングで
続きのブログ書きます!
(怒られない限り)
 
 
 
 
引用
講談社・佐木飛郎斗・所十三

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA